かんがえよう、部活動の事故死

12月20日、サッカー部に所属していた群馬県の高校2年生が、
陸上部員の「ハンマー投げ」の鉄球にあたり死亡しました。

実は、今年起きた「部活動の事故死」はこれだけではありません。

これを機に、部活動のリスクについて考えてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古野 香織

POTETO教育事業部長

中央大学法学部政治学科メディア政治コース4年。 大学2年生のときに中央大学の有志サークル「Vote at Chuo!!」を立ち上げ、大学内での選挙啓発や附属高校での主権者教育を行う。「生の政治」を扱った主権者教育・教科教育内での主権者教育実践などに関心あり。