2017.12.04
読売新聞のイチメンニュース

これからは「リカレント(学び直し)教育」が進んでいくらしいです。つまるところ一生かけて、必要な時に必要な勉強をしていこう。という考え方。割と提唱されてるけど大学って学費も高くてハードルが高かったのですが2019年度からは政府も後押し。人生設計、ますます多様化しそうですね。

大きな「失態」を犯した時に、どう巻き返すかが重要だということは色んな逸話や漫画にも出てくる教えです。作り話では大体巻き返しはカッコよくて、いつもうまくいくんだけど、実際は足掻いて足掻いて、なんとか少しずつ挽回を狙っていくんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古井 康介

代表

慶應義塾大学経済学部4年。2016年米大統領選の取材後、政治を若者にわかりやすく伝えるメディア「POTETO」を設立。2017年仏大統領選取材や、全国1万名の中高生への主権者教育、政治家の広告代理事業を通じ政治のイメージを変えるための活動に取り組む。日本国政府主催 国際女性会議2017ユーススピーカー/広報サポーター